月別アーカイブ: 2016年11月

いつ引っ越しするか決まった時点でまず必要になる

いつ引っ越しするか決まった時点でまず必要になるのが転出届を市区町村役場に提出することです。
この転出届、現在住んでいる市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵送での受付もできますので、調べてみてください。
忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。この手続きは、転居する2週間前くらいからできる自治体がほとんどです。
引っ越し時の手続きですが、面倒なことばっかりだなと感じますが、水道の開栓は電話でも可能だそうです。
大それたことではないかもしれませんが、なぜだか、大変嬉しいです。
嬉しいついでに、電話するタイミングも確認してみたら、3〜4日前までにと記載してるのを見ました。早々に、電話してみます。
続きを読む いつ引っ越しするか決まった時点でまず必要になる

収拾がつかないくらい、ものをたくさ

収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を日々送っている方にとって、その方の引っ越しを困難にしているのは荷造りを完了することでしょう。
その方の整理能力に対し、ものが多すぎて引っ越しまでに荷造りを終えられないとすれば引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、良い機会ができたと思って処分に専念すれば一番楽なのは自分自身です。転出をして住所変更となった時には国民年金の、住所変更届けを出す必定があります。
続きを読む 収拾がつかないくらい、ものをたくさ

引越しの挨拶まわりに行くのなら、引越しをし

引越しの挨拶まわりに行くのなら、引越しをしたその日に行った方がうまくいくと思います。引越しの騒音などで、迷惑をかけた謝罪も兼ねて、丁寧に挨拶をしておきましょう。引越しを行う前に、一言挨拶をしておくとトラブルを防げるかもしれません。どのような状況でも、可能な限り早めに挨拶に行った方が、良い印象を与えます。
続きを読む 引越しの挨拶まわりに行くのなら、引越しをし

近年においては、実行する人も少なくなったかもしれません

近年においては、実行する人も少なくなったかもしれませんが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった習慣がかつてはあったのです。
元々は、ソバの形状に掛けて「細く長く」お付き合いをと縁起をかつぐ意味合いと、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですなどとダシャレも込めつつ新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。
引っ越しには色々とお金がかかりますが、では具体的にどのくらいになるのか金額の目途がつかないと、かなり気になってしまうものです。
続きを読む 近年においては、実行する人も少なくなったかもしれません

今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっか

今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに今のアパートへの引っ越しをしました。
初めは3年くらいのつもりで実家の近くに転職したかったので住民票は動かしませんでした。けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で思ったより長居してしまい、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、よく調べてみるとここの方が税金が安いので今さらですが、住民票を動かしたいのです。
続きを読む 今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっか